メルペイで本人確認できないときの解決策(三菱UFJ銀行の場合)

メルカリ
スポンサーリンク

2019年秋頃、三菱UFJ銀行の口座登録によってメルペイ本人確認をしたのですが、少々手間取ってしまいました。その際のエラー内容と解決策を書いてみます。

結論としては、入力間違いをしていたのではなく、

Eco通帳(インターネット通帳)を利用している場合は「通帳の最終行の残高を入れる方法」は使えなかった!

ということでした。

三菱UFJダイレクトのワンタイムパスワードを使う手順で無事に登録できました。

エラー番号は「K01」(銀行口座の登録に失敗)

エラーの内容は以下の通りです。

メルペイへの銀行口座の登録に失敗しました。

銀行名:三菱UFJ銀行

口座番号:****999

エラー番号:K01

スポンサーリンク

銀行口座の登録がエラーになるときの解決策

入力ミスしていないか?

まずは単純な入力ミスをしていないか確認しましょう!

  • 支店番号は合っている?
  • 口座番号は合っている?
  • 暗証番号は合っている?

支店番号は支店の統廃合などにより変わっていることもあるため、銀行のホームページで確認してみてください。

メルカリと銀行で登録内容が違っていないか?

次の確認ポイントは以下の点です。

  • メルカリと銀行とで、生年月日が相違していないか?
  • メルペイと銀行とで、氏名が相違していないか?

「銀行はもちろん本名だがメルカリは本名と違う名前で登録してしまった」……といった場合、メルカリ側を修正する必要があります。

メルカリで本人情報(氏名・生年月日)を修正する場合は、本人確認書類の提出が必要となります。

アプリのマイページから氏名・生年月日の変更をすると、本人確認書類のアップロードを求められますので、画面の説明にしたがって操作すればOKです。

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、住民基本台帳カードなどが利用できます。

以前私がやったときは、スマホに保存してある画像は選択できず、その場でカメラで撮影するという手順でした。

通帳の残高の入力ミスではないか?

本人確認方法で「今、通帳をお持ちのお客さま」を選択している場合の確認ポイントです。

  • 現在の最新の残高ではなく、通帳に印字してある残高を入力しているか?
  • 繰り越した古い通帳ではなく、最新の通帳を見ているか?

確かに合っている!という場合、Eco通帳の可能性があります。

Eco通帳に切り替え済ではないか?

Eco通帳(インターネット通帳)に切り替え済の場合は、「今、通帳をお持ちのお客さま」の手順を使うことができません。

私はEco通帳にしたことをすっかり忘れ、手元の通帳の残高を入力していました。

よく見たら画面に説明が書いてありました。



自分がEco通帳なのかどうかを確認する方法です。

  • 三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)にログインして入出金明細を見てみる→Eco通帳と表示されていたらEco通帳
  • 紙の通帳をATMに持っていって記帳してみる→エラーとなって記帳できなかったらEco通帳

私がATMで試したときは”Eco通帳です”という旨が印字された確認票が出てきました。

Eco通帳を利用している場合は、本人確認方法として「三菱UFJダイレクトのワンタイムパスワードをご利用中のお客さま」の方を選択する必要があります。

私は「利用」ではなかったので設定が必要でした。手順は以下のとおりです。

  1. 「三菱UFJ銀行」アプリをダウンロード
  2. ワンタイムパスワード利用登録(アプリから実施)
  3. ワンタイムパスワードを表示

詳細は三菱UFJ銀行の公式サイトに説明があります。

ワンタイムパスワード(アプリ) | 三菱UFJ銀行
スマートフォンをお持ちのお客さまは、当行公式スマートフォンアプリ「三菱UFJ銀行」でワンタイムパスワードを利用できます。

これで表示されたワンタイムパスワードをメルカリの本人確認の画面で入力すればOKです。

おわりに

登録した当時、本人確認するだけで1000ポイントもらえるキャンペーンが開催されていたため、ポイント目当てでやってみました。

サクッといけるのかと思いきや、意外とすんなりいかなかったので、その体験をまとめてみました。

はっさく
はっさく

ご参考になれば幸いです!



それでは終わります。

タイトルとURLをコピーしました